ストラテラ個人輸入

効果は高いが価格も高いストラテラ。もっと安く買えないのか?

効果の高いADHD(注意欠如多動性障害)の治療薬として最近話題になっているストラテラですが、薬価が高いことが難点です。
病院で処方されると1錠500円程度と、薬の中ではかなり高額な部類に入るので、毎日継続的に使用するのは経済的に厳しいですね。

 

しかし、個人輸入ならそれよりかなり安価に手に入ります。
個人輸入最大手のオオサカ堂ならストラテラ(1箱28錠)が約5千円なので、1錠あたり180円程度と、半額以下になります。
なお、他の業者だと1箱約2万円が相場なので、オオサカ堂はかなり安い価格です。

 

<参考>ストラテラ40mg(1箱28錠)の価格比較

A社:23,607円
B社:16,440円
C社:15,280円
D社:6,300円
オオサカ堂:5,249円
価格は為替相場の変動により日々変わります。

 

→ストラテラの詳細・口コミはこちら

 

それでもストラテラは高すぎる、という人には…

個人輸入でもストラテラは高いと思う人も多いはずです。
そんな人にはストラテラのジェネリック薬の「アクセプタ」をおすすめします。

 

100錠で約5千円なので、1錠あたり約50円、ストラテラの数分の一という価格になります。
ジェネリック薬なので有効成分は同じですが、コスパで言えば絶対にアクセプタの方がお得です。

 

<参考>アクセプタとストラテラの違い

アクセプタとストラテラは成分が同じ薬ですが、アクセプタは錠剤、ストラテラはカプセル錠など、微妙な違いもあります。もしかしたら、効果の違いもあるかもしれません。
ということで、アクセプタとストラテラの効果の違いについてネット上の口コミを調べてみました。

 

●ストラテラは高いのでアクセプタに乗り換えましたが効果は同じでした。

 

●ストラテラの病院処方は高すぎるので代わりとしてアクセプタを使っています。効果は実感しています。

 

●アクセプタの後にストラテラを使ってみましたが、違いは感じませんでした。

 

●自立支援を使うよりアクセプタの方が安い。

 

●効果は同じで病院に行く手間が省けて嬉しい

 

<まとめ>
アクセプタとストラテラの効果は、ネット上の口コミを見る限り同じということでした。
また、アクセプタの安さについて言及する口コミはかなり多かったです。

 

→アクセプタの詳細・口コミはこちら

 

ストラテラ(アクセプタ)の効果は?

実際のところ、ストラテラ(アクセプタ)の効果はどうなのでしょうか?
ネット上の口コミを集めてみました。
※表現は一部変更しています。

 

●頭の中が静かになり、一つのことだけを考えることができるようになりました。

 

●仕事のミスが減りました。

 

●忘れ物、無くし物が減りました。

 

●家事ができるようになって怒られなくなりました。

 

●集中力が上がって勉強に打ち込めるようになりました。

 

●今までキレやすい性格だったのがキレなくなりました。

 

●ツラいことがあっても凹むことが減りました。

 

●アドレナリンが増えたせいか、痛みや疲労が少なくなりました。

 

●劇的に効いている感じではない。

 

●食欲が減退して痩せました。

 

●めまいや吐き気がしました。

 

<まとめ>
口コミを見る限り、ほとんどの人が何らかの効果を感じているようで、満足度は概ね高いと思われます。
しかし、中には効果がいまいちだったという人もいるので、やはり使用感の個人差は大きいようです。
また、食欲不振や吐き気などの副作用を感じる人も少なくないので、使用には慎重さが求められます。

 

ストラテラ体験談

ストラテラを実際に使用した人に話をうかがいました。

 

仕事のミスが減りました。しかし価格が高いです。(20代/男性)

私は小さい時から集中力がなく落ち着きがない子供でした。二十歳になるまで自分が多動性障害だと気づきませんでした。しかしあまりにも親が病院に行く事をすすめてきたので嫌がりつつも病院に行きました。そして病院で多動性障害と言われて初めて気づきました。

 

ストラテラは病院の先生に勧められ処方するようになりました。
実際に使用してみて感じた事は、頭がスッキリとしたような感じです。今まで何か集中しないといけない場面になった時どうしても体が落ち着かなくなり極度のストレス状態になってしまう私でしたが、ストラテラを使用しだしてからはそんなストレス状態もなくなりました。なので効果には満足しています。

 

だけど価格に関しては不満があります。高すぎるのでその事を考えると逆にストレスを感じてしまいます。でも副作用を感じる事もないし、ストラテラを使用すると仕事や日常生活がうまくいくので助かってはいます。

 

ストラテラを使用せずに仕事をしていた頃はとても酷かったです。仕事をするスピードが他の人に比べて圧倒的に遅く上司に怒られるのは当たり前でミスも沢山しました。このままいけばクビになる事は分かっていても集中力が続かないので結局クビになってしまうと言う事が何回もありました。

 

こんな自分ですがストラテラに出会ってからは落ち着きを取り戻す事が出来て仕事でのミスは少なくなりました。だけどいつまた集中力がなくなってしまうか分からないので不安な気持ちを持ちつつ仕事をしていたりもします。

 

こんな風に苦しんでる人が世の中に他にもいると考えたら私も頑張らないといけないと思って自分にムチをうちながら現在生活をしています。ストラテラの価格が安くなれば経済的な不安もなくなるので価格が安くなる事を願うばかりです。今は医者から自立支援申請をすすめられているのでそれを申請するのか検討をしています。早く完治して普通の体を手にして仕事を頑張りたいです。

 

息子がストラテラを服用していました

我が家には発達障がいの息子がいるのですが、13才から15才までストラテラを服用していました。

 

幼少の頃に発達障がいと診断されて当初は服薬無しで生活していました。しかし小学校5年生の頃から集中力の無さから授業や集団行動についていけなくなりました。それで最初は病院でコンサータという薬を処方され服用していました。飲んだ翌日からまるで別人のようにシャキッとなりとても効果があったのですが、コンサータの効果は夕方までしかもたないために、家に帰ってからの宿題が辛そうで、昼間の反動かイライラすることが増えました。

 

それで病院に相談すると次にストラテラという新薬を試さないかと勧められました。その頃まだあまり臨床報告がなかったので不安でしたが、とりあえず試してみることになりました。
コンサータと違って効果が出るまで薬の量を上げながら慣れさせる必要があるため、最初は10mgを1週間、次に20mgを2週間という具合に進みました。

 

服薬を始めてしばらくすると軽い頭痛を訴えることがありました。ストラテラの副作用のひとつだそうであまりひどくなければ続けるように言われました。

 

中学生1年からストラテラに切り替えたのですが、勉強も難しくなるのでやはり薬の力だけでは授業についていくことは難しく取り出し授業も増えました。しかし薬の効果はちゃんとあったと思います。

 

中学生活の中で普通の子供たちと同じようにとはいきませんが、支援してもらいながらなんとか授業や行事をこなしていくことができたのは、やはりストラテラの服用のおかげだと思っています。ストラテラは効果を持続させるために朝1錠、夕方1錠服用します。コンサータは朝1錠だけで休薬日として土日は飲まなくてよかったので、薬嫌いの息子にとって1日2錠を毎日飲み続けることはかなり苦痛だったらしく、毎日薬を飲みたくないと愚図っていました。わざと飲み忘れることもあり継続して飲ませるのに一苦労しました。中学生を卒業し養護学校に入ったのですがその頃には「もう薬は飲みたくない」とキッパリ宣言され、学校の内容も授業が減ったためストラテラは現在休薬中です。

 

それなりに効果はありますが薬価が高いのが難点でした。うちは精神通院医療の申請をし1割負担でしたがそれでも1ヶ月に3000円近く支払っていました。もう少し安く処方されるとありがたいですね。ちなみに病院は発達障がい専門の小児医療センターです。また就労などで必要を感じたら再開したいと思っています。

 

夫がADHDです

42歳の主人が病院でADHDと診断され、朝晩にストラテラ40mを服用しています。私は主人と付き合っている頃はちょっと変わっている人だな、くらいに思ってそれほど深刻には考えていなかったのですが、結婚して一緒に暮らすようになって主人の場合は明らかに何かが違うと思い始めました。

 

一緒に暮らしていてあまりに融通が利かないといいますか、例えば自分がこうだと思ったら誰が何といおうが絶対にそうである。という思い込みが強く、いくら違うと思うと言っても聞く耳も持ってくれませんでした。

 

後は思考がものすごく衝動的で、お寿司が食べたいと出掛けている途中にラーメンが食べたくなる。そこまではまだよくある話ですむかも知れませんが、ラーメン屋に向かっている途中で、マラソンをしている人を見かけたら自分もマラソンがしたくなり食事のことは忘れて、マラソンをするために着替えに家に戻るという感じです。

 

こういうことが日々の生活の中でしょっちゅう起こっていました。付き合っているうちはちょっと変わった面白い人、ですんでいたのですが、さすがに一緒に暮らすようになって疲れてしまいました。色々調べてADHDではないかと思い、頼み込んで心療内科を受診してもらいました。結果は間違いなくADHDであると診断され、ストラテラ40mを処方されました。飲み始めて3ヶ月経ちますが、私は明らかに効果が出ていると思っています。

 

ちなみに主人自身はあまり効果ない、と言っています..。私が効果があると感じるのはやはり1番の悩みだった、衝動的思考が以前に比べて減りました。全くなくなるのではないのですが、何かを思いついた時に本当にそれが必要かどうか、どこに行くのか、計画を立てられるようになりました。私は冷静に物事を考えられるのうになったと感じています。主人の衝動的な思考に振り回されることが前より格段に減ったことで私の生活も楽になりました。

 

副作用は主人の場合は寝つきにくい、と言っています。それでも続けられいるのは、主人は元々眠りが浅く、睡眠時間が4?5時間でも翌日持つタイプだったのも大きいかもしれません。

 

劇的な変化はありませんでした(30代/男性)

私は忘れ物が多かったり、時間をきっちり守れなかったりというのがよくあり、知人などをよく怒らせていました。ある時、嫁にADHDではないのかと言われました。そこでネットなどで調べ、ある心療内科に通うようになりました。そこで、ADHDという診断は受けませんでしたが、多動症の傾向があると言われました。

 

そして、2週間分のストラテラ25mgを処方され、近くの薬局に貰いに来ました。その価格は、3000円前後だったと思います。
服用し始めたときは、副作用としてリラックスしているときは、かなりの眠気がありました。また、普段よくランニングをしています。その日はかなり暑かった日でしたが異様なほど冷や汗が出たのですけど、それが体温を冷やし走りやすかったです。しかし、いつもと同じぐらいの1時間しか走ってないのですが、脱水のような症状が起こりかなりの疲労がありました。また、普段何もしていなくても、かなりのどが渇きます。それと、普段からかなりご飯を食べるのですけど、一般の人と同じぐらいしかご飯が食べれなくなりました。(ダイエットには効果的かもしれません)

 

 薬をさらに処方してもらうため、次に心療内科に通院したときは、40mgに量を増やしてもらいました。薬の価格なんですが28日分で、5000円前後です。診療代も2000円ぐらいなので、1か月で7000円ぐらいかかっています。薬の効果なんですが、飲み始めの時は、普段よりはやる気が出るような感じがして効いているように感じました。今は2か月ぐらい服用しています。薬に慣れてきたせいか、飲む前と変わらないような気がしています。職場の上司に最近言われたことなのですが、最近調子が悪いのではないのかとよく言われるようになりました。このようなことを言われたので、1週間ほど薬の服用をやめてみて様子を見ようかと思っています。

 

 効果を期待してストラテラを服用しましたが、もっと劇的な変化があると思っていましたが少し残念です。

 

ストラテラで物忘れがだいぶ治まりました(30代/男性)

世の中には数多くの病気や症状があり、多くの方が苦しんでいます。
病気であれば薬等にての治療を行なえば、症状が軽くなったり完治したりしますが、精神病は完治したりする事はありません。
そんな精神病の中の一つとされているADHDについて書きます。

 

私がこの症状だと診断されたのは23歳の時でした。
ADHDは注意欠陥多動性障害と言います。
簡単に言うと集中出来なく騒いでしまったり、物事の優先順位が出来ない等の症状があります。
多くは子供に観られるケースがありしばしば「なんであの子は落ち着きが無い」とか「何回注意しても辞めない」等が観られます。
私の場合は物事をすぐに忘れてしまう症状となっています。

 

学生時代はただ物忘れが多い位しか捉えて居なかったのですが、社会人となり働き始めた頃が特に困難となりました。
上司や先輩から言われた事をすぐに忘れてしまったり、提出しなければならない報告書を何度も忘れたりしていました。
その度に叱責されていました。

 

さすがにこれが何回も続くと次第に会社も休みがちとなってしまいました。
そして親から「病院で診断を受けた方が良いのでは」との事もあり、心療内科を受診しました。
そして診断結果がADHDでした。

 

自身では「どうしてこんなに物忘れが多いのだろう」と心配事になっていましたが、ADHDと診断され「病気だったんだ」と安心出来る面もありました。
そして月一回の通院を行うようになりました。

 

専門医との問診を行い、症状を軽くしてくれる薬ストラテラが処方されています。
あまり症状が出ない様であれば服薬しなくても良いとの事でしたので、なるべく使用は控えています。

 

薬は無くなる頃に処方してもらっており、処方薬が出た際の費用は2000円程となっています。
今は物忘れもだいぶ治まり、会社側にも私の症状を伝えているので働きやすい環境となっています。

 

いつも行わなければならない事案は付箋に書いてパソコン脇に貼り付けています。
優先順位を決める為に、早く行わなければならない順から貼り付けているおかげで仕事も楽に行えています。
まだまだADHDは理解されていない症状なので、多くの方に理解して頂きたいです。

 

→ストラテラの詳細・口コミはこちら

 

→アクセプタの詳細・口コミはこちら

 

ADHD以外のストラテラ体験談

ストラテラはADHD以外の症状に対する薬としても使用されています。
その1つが双極性障がい(躁鬱病)です。

 

双極性障がい2型でストラテラを服用していました(30代/男性)

30代男性です。双極性障がい2型のものです。

 

発病時から今までにいくつか薬が変わり、その一つに「ストラテラ」がありました。

 

最初の医師の所見では「抑うつ状態」だったのが、症状と薬の作用か副作用かで、病名が「双極性障がい」に変わったようです。

 

ある日の診療時、私の主治医へ「(双極性障がいによく使われる気分安定剤のラミクタールを中心に服用していましたが)うつ状態が長く続いたこと、睡眠リズムが乱れて、早朝覚醒から寝れれる時と寝られない時の日中の活動量に大きく開きがあり、生活リズムを戻すためにどうすれば良いのか」と相談しました。

 

すると主治医は「ストラテラという薬があって、副作用が比較的副作用が少ないお薬があります。元々はラミクタールの用に、子どものADHDのお薬でしたが、最近双極性障がいに対しても使用ができるようになりました。試してみましょうか?」と言われて「あっ、はい」と良く分からないうちに服用することになりました。

 

診察が終り、処方箋を薬局に持って行き、その待ち時間にどういう薬なのかをスマホで調べたら薬の単価が40mgで448.40円とあまりにも高いので驚きました。新薬なので仕方がないですが、「それにしてもずいぶん高くないか」と疑問に感じました。

 

服用を始めてから少しずつ睡眠リズムがとれるようになり、心の波の穏やかになっていった感じがありました。ただ、急に良くなったというよりも、服用を長く続けていくうちにという感覚です。

 

体重の増減や口の渇き、手の震えなどのよくある副作用もなく、私自身には割と身体にあっているという感じでした。

 

双極性障がいは気分の波をコントロールがうまく取れずに生活に支障をきたしてしまう病気ですが、ストラテラはその波を少しずつ穏やかにしてくれる効果が私自身は感じられました。

 

今は違う薬に変わりましたが、その時のひどいうつ状態から活動量が改善してくれるきっかけとなった良いお薬だと思います。

→ストラテラの詳細・口コミはこちら

 

→アクセプタの詳細・口コミはこちら